FC2ブログ

新潟交通モワ51(パンタグラフ)

立春を過ぎて暖かな日が多くなってきました。
今日は日中穏やかで、過ごし易い一日でした。

私達夫婦のベッドで寝ることがすっかり習慣となった
愛犬たちも布団の中では暑いようで、夜中に布団の上に
移動して寝ています。(重いです…笑)


さて、モワ51の製作はまず車体の下地を
整えました。

20210213182704de8.jpeg

サフェーサーを吹き付け、サンドペーパー(400番)
で車体の凸凹や継ぎ目を目立たないようにしていきます。

20210213182702f04.jpeg

サフェーサーの削りカスは、100円ショップで買ってきた
障子を張り替える時にノリをつける為に使うハケ(名称不明)
ではらっていますが、使いやすくて便利です。

2021021318270194a.jpeg

2度目のサフェーサー吹き付けです。
今日の様に暖かいと乾燥も早くて助かります。

202102131826594e4.jpeg

大分綺麗になっています。
この後、細かいところを丁寧に整えてもう一度(3度目)の
サフェーサーを吹き付けました。


続いて、パンタグラフです。
手持ちの物で行くつもりでしたが、
あったのは、PSー16でこのモワには似合いません。

そこで、久しぶりに自作!する事にしました。
次回作では、パンタグラフは自作になりそうなので、
チェックの為にも作ってみる事にしました。

パンタグラフの自作は、相鉄ED11、12用に
PSー13を作った時以来です、

20210213182656079.jpeg

* 以前自作したPSー13

20210213182658ccb.jpeg

大きさや構造などは、KATOのPSー16を参考に、
0.5mmの真鍮線が主な材料です。

何か、面倒な事を初めてしまったような気がします(笑)




スポンサーサイト



新潟交通モワ51製作(車高調整)

うっかりしていたのですが、
昨年の12月24日クリスマスイブに16番の鉄道模型を
初めて手にしてからちょうど50年となりました!

さすがにあっという間だったとは言いませんが(笑)
もうそんな長い時間が過ぎたんだな〜と思うと、
感慨深いものがあります。

あの日の事は今でも鮮明に覚えています。

父の帰りを待って一緒に静岡市内にあった西武百貨店(現パルコ)の
おもちゃ売り場の鉄道模型コーナーへ行き、
エンドウのED66とパワーパック、24本組(R900)のカーブレールを
買ってもらいました。

嬉しかったですね〜!小学2年の私は
それらを入れた重い紙袋を大事に抱えて帰ってきました。
(そのED66は今でも手元にあります、そのうちレストア予定)

途中、中断していた時期もあるのですが、
こんなに長い付き合いになるとは思いませんでした。
あと、残りの人生で何ができるのかな、ふとそんな事を
考えたりする今日この頃です(笑)

まあ、のんびりとマイペースで頑張ります!(笑)
よろしくお願いします。



年が明けて51年目に入ったからと言う訳ではないのですが
モワ51(偶然です!)の台車と車体がつながりました。

20210207231455fd5.jpeg

床板は1mm厚のプラ板です。

2021020723145488e.jpeg

2mm径のネジ8本で車体に止める構造です。

202102072314586b2.jpeg

20210207231500c37.jpeg

車体の幅が小さいので、パワトラタイプの動力を
うまく収めるのに工夫が必要でした。

上の写真では車高が高過ぎた為、この後1mm下げる事に
しました。

202102072315015cb.jpeg

このぐらいでいいかと思います。

次は連結器ですが、KATOのナックルタイプのような
カプラーポケットが大きい(厚い)ものは
台車に当たって収まりません。

手持ちで収まったのは、イモンの1/87用のナックルタイプ
です。

202102090033548ee.jpeg

大きさ的には、こちらの方が小さくてスケールには
近いと思われるので良しとしました。

20210207231503923.jpeg

高さもぴったりです。
KATOやKDカプラーなどともちゃんと連結します。

20210209003355ec3.jpeg

車体はオデコの整形も出来、
だいぶ形になってきた51年目のモワ51です。





新潟交通モワ51(台車完成!)

新年を迎えたと思っていたらもう1月も終わりです。
コロナ禍で、この先の不安は多いのですが、
時間はいつもと同じに流れていきます。

自宅で過ごす時間が増えたことで、模型作りを
再開する人も多い様で、今月のTMSにもそんな人の為の
吹き付け塗装に関するハウ・ツー記事が掲載されていました。

私の子供の頃に比べたら、模型を作る為の道具や材料などは
比べ物にならない程充実しています。
この機会に物作りの楽しさを知ってくれる人が増えたらいいかな
と思います。



さて、しばらくお休みしていた
新潟交通モワ51の製作を再開しました。

まずは、台車が完成です。
こちらは、モーターが入らない方の台車です。

20210131162040e48.jpeg

2021013116204178d.jpeg

ブレーキシューは省略も考えましたが、
シルエットだけでも欲しいかな、と思い実物とは
かけ離れた形ですが、表現してみました。

車輪は、10、5mm のピボット、片絶です。


そして、モーターの入る動力台車です。

20210131162044138.jpeg

202101311620439ac.jpeg

動力はアルパワー24、5mmです。

天賞堂の新しいパワトラを使う予定でしたが、
台車を自作したので、取り付けと調整が簡単な
アルパワーに変更しました。

台車枠に車軸の先が入らない構造(台車枠は飾り)なので
自作台車の精度が低くてもなんとか形になります(笑)

次回作のテストも兼ねて自作してみた日車Dー14です。
なんとかなりました(笑)


そして車体です。

20210131162034936.jpeg

床板を止めるアングルですが、今回も近所のホームセンターで
いつでも手に入って安価なプラ製のアングルを使いました。

そのままでは大きすぎるので、L字の部分を必要な幅にカッター
で切り出してボンドで接着してあります。

そしてオデコの部分はいつもの様に
バルサ材を切り出し、サンドペーパーで形を整えました。

2021013116203565d.jpeg

202101311620371fb.jpeg

20210131162038040.jpeg

大体いい形になりました。

この後はサフェーサーやパテを使って仕上げていきます。



新潟交通モワ51製作(台車)

しばらく更新をサボっていましたら
すっかり秋も深まってしまいました。

夏から続く早起き習慣はすっかり定着し、
毎朝6時30分になると愛犬の「ワン!」という声
で目覚めています(笑)

そんな愛犬が登場(少しだけですが・・)する動画を
作ってみました。
鉄道模型とは全く関係の無いDIY「車中泊車」の
紹介ですが、よかったらご覧下さい。




さて、新潟交通モワ51は、
台車を製作中です。

20201125070013f87.jpeg

ニッコウの台車を参考に、日車Dー14を
作っています。

2020112507001811a.jpeg

材料は主にプラ板(厚さ0,3と0,5mm)軸受に
軸受メタルを使っています。

20201125070012781.jpeg

プラ板では、強度が足り無そうな部分は、真鍮帯材を
使いました。

2020112507000922f.jpeg

スプリングは、ガンプラのグレードアップパーツらしきものが、
安く売っていましたので、少し引き伸ばして
適当な長さに切断し使ってみました。
ここだけ見れば、市販のダイカスト整形の台車より
リアルです(笑)

あと一息というところまで来ましたが、
とにかく同じ台車枠を4つ作るのが大変です(笑)
やはり、素直にニッコウの台車を使えばよかった、
後悔しています(笑)

20201125070015fa6.jpeg

20201125070010f65.jpeg

動力は、アルパワーの24.5Bを使う事にしました。
組み立てる必要がありますが、
それが楽しみでもあります。

気温が下がりまたコロナが広がり始めました。
皆様もどうぞお気を付けください。



早起きして作る新潟交通モワ51 題して「朝モワ」その3

おはようございます。
しばらく、ブログの更新をさぼっていましたら
すっかり秋らしい気候になってきました。

相変わらず、早起きの習慣は続けていて
(私としては珍しい…)すっかりジジイの
生活スタイルになっています(笑)

只今の時刻、6時40分!(笑)

日が出る時刻も少し遅くなりました。
だからでしょうか、一緒に朝の散歩に出かける愛犬の
目覚める時刻も遅くなっていて(笑)
5時30分ごろ起こすと、「うー」と唸ってご不満そうです(笑)

犬らしく日の出と共に目覚めてもらいたいものです(笑)



さて、モワ51ですが、(あまり進んでいませんが…)
車体中央にある大きな荷物室の扉を部分を作りました。

2020100422451479e.jpeg

少し奥まって付いていますので、2mmの角材を貼り、
ドアを貼り付けます。

2mmだと、少し奥まりすぎに感じましたので、
サンドペーパーで削り、1.7mmぐらいにしてあります。

202010042245169d2.jpeg

ドアをしっかり貼って、はみ出したボンドを半乾きの
内に割り箸ツール(自作品)を使って取り除きます。

202010042245265e7.jpeg

ペーパールーフの車体の場合、ドアの部分、特に荷物室の様な
大きなドア部分は、屋根から側面にかけるカーブがうまく
できません。
角材をなどで補強しながら丁寧に曲げていきました。
結構、気を使う部分です。

20201004224519711.jpeg

ドアが付いたら前面の幅に合わせて角材で固定、
一晩置いておきました。

20201004224522c7c.jpeg

翌日、出来を確認。
荷物室のドアの上部も綺麗に曲がっています。
まあまあってとこでしょうか。

20201004224520b61.jpeg

車体もしっかりコの字型に曲がっています。
このままでも広がったりしません。

続いて台車です。
形式は、日車Dー14の様です。

手元にニッコウのDー14があるのですが、
これは、ある車両の真鍮バラキットに使うためにストック
してあるものなので手を付けず、自作する事にします。
(なんかケチな感じはしますが…笑)

ニッコウのDー14を参考にしながら、
プラ板でコピーを作り始めました

20201004224525fa8.jpeg

なんとかなるでしょう(笑)



プロフィール

いわパパ

Author:いわパパ
小学2年の時初めて16番(当時は普通にHOと言ってました)を手にして以来50年。途中ブランクを挟んで、少しづつ16番1/80鉄道模型を楽しんでいます。静岡市在住。
*製作方法は我流です*

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR